見晴らしの良い立地条件は魅力的だけど・・・

今日は家を建てる場所について

 

日本のすべての住まいで必要不可欠な水道だが、生活水の給排の仕組みは各家庭の水道管の配置について大きく異なる。つまり、水回りに工事を行っていく場合に同じような工事を各家庭に施していく場合は、住まいがどのような地区に位置するのか、水道管は自宅のどこに位置しているのかで費用も大きく差が付くのが一般的なんだ。

高台はお金も高い?

 

水道工事の費用は平地より、高台にある住まいの方が費用もかさんで行く傾向が強いように思える。基本的に平地の多い所では理解されにくい部分でもあるんだけど、水圧の大きさは各自治体のエリアで異なるから、その中で高台に住んでいる方は若しくはこれから高台に住宅建築を考えている人は通常の水道工事よりも費用を多め見積っておいた方が賢い。

 

特に高台でも水道管が近くまで来ていない場所だと、そこまで排水管を通さなくちゃならなくなる。また、水圧の低い場合は、ポンプを使って機械的に水を汲み上げることが必要になるしね。

 

既存の住宅であっても浄化槽から水道管への配管接続に切換える場合は、浄化槽の取り出しをするか、埋めてしまうことになる。この場合に高台でも通路が狭い所だと大きなトラックが入ることが出来ないこともあるから工事費も割高になるね。

 

さらに、ポンプで毎回汲み上げて給水していると電気代も高くなってしまう。だから、電気代の安い夜の時間帯に一気に貯水タンクにポンプを汲み上げて貯めておいて、その後にゆっくり水を消化した方が電気代を安くあげられる。これは集合住宅や高層マンションでも取られている方法だ。

 

将来的な水道工事を考慮しないで、見晴らしが良いとかだけで決めてしまうと、その時になって思わぬ費用がかかってしまう。みんなも気をつけてね。